植物を育てる 苗の植え付け(定植)方法:花と緑の通販 グリーンピア

園芸知識 植物を育てる

苗の植え付け(定植)方法

花苗がお手元に届いたら

すぐにやること

ビニール袋や箱から取り出し、風通しの良い場所においてください。土が乾いていたら水をたっぷり株元へやってください。

ポット苗の植え付け(定植)方法

花壇に植えつける方法とコンテナ、鉢に植えつける方法の二つの方法があります。ここでは鉢に植えつける方法を紹介しましょう。

1.材料を準備しましょう

準備する材料

  • 花苗
  • コンテナ
  • ネット
  • 鉢底石
  • 用土

用土は市販されている培養土や花苗の土などが便利。特売品などを購入する場合は、木くずなど他にいろんなものが混入されていることがあります。植物は土が命。ご注意を!

2.コンテナ(鉢)の準備

コンテナ(鉢)の底に害虫が侵入しないように、ネットでふさぎ、底を隠す程度に鉢底石を敷きます。直径15cm以下だったら敷かなくても大丈夫です。

3.用土を入れて苗を置く

緩効性肥料を混ぜた用土をコンテナの1/3~1/4位の量を入れて、苗を置き根鉢の上面が鉢の縁から2センチ(人差し指関節)ほど下に位置するよう調節します。

4.コンテナ、苗の間に用土を入れる

ときどき割り箸などでつつきながら行うと隙間がなく入ります。

5.最後に

最後に水をたっぷり株元へやります。植え付け直後は風通しの良い場所で様子をみます。

ワンポイントアドバイス
  • 水やりでの“たっぷり”は鉢の底穴から水が流れ出るまでのことを言います。
  • ビニールポットを取り除いて根鉢にするときは、苗の生育状況に差があります。十分に根が張ってない場合は根から土が取れないよう注意します。逆に底部に根が詰まっていたら根鉢をほぐしたり、古い根を切って整理します。
  • 寄せ植えするときは2個以上のポット苗になります。植え終わったとき、株元の高さが揃うよう根鉢の苗は底で土の高さを調整します。

↑このページのトップヘ戻る

商品紹介

YAHOOショッピング 花と緑のグリーンピア